エア・ドゥ、90便追加運休 12月減便率30%に、年末年始は全便運航

北海道の翼、AIRDO・・・年末年始は減便せず、全便運航します。

Aviation Wireが伝えています。

エア・ドゥ、90便追加運休 12月減便率30%に、年末年始は全便運航

エア・ドゥ(ADO/HD)は12月3日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で10日から24日までの期間中、8路線で90便を追加運休すると発表した。12月の減便率は追加前と比較し、4ポイント上昇の30%となる。年末年始の繁忙期となる12月25日から2021年1月5日までは、計画通り全10路線の全便を運航する。

減便となる8路線は、羽田発着が札幌(新千歳)と旭川、函館、帯広、釧路の5路線、札幌発着が仙台と中部、神戸の3路線。函館-中部線は減便せず、計画通り1日1往復運航する。

Aviation Wire

※サムネイルの画像はAviation Wireより

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます