JAL、2月〜4月の国際線運航計画を決定 3月に北米全地点へ運航再開、ロンドン発中部・関西行きを週1便設定

それでも、まだまだ減便率は高いですね・・・

TRAICYが伝えています。

日本航空(JAL)は、2021年2月1日から4月15日までの国際線の運航計画を決定した。

3月1日から、東京/羽田〜サンフランシスコ線、東京/成田〜サンディエゴ・シアトル線をいずれも週3便で運航を再開し、北米方面は全地点への運航を再開する。

東京/羽田〜ロンドン線は増便し、3月5日以降は毎日運航する。ロンドン発東京/羽田行きの一部便は到着地を変更し、ロンドンを金曜発は名古屋/中部行き、ロンドンを日曜発は大阪/関西行きとして運航する。

また、週1便を運航するロサンゼルス発大阪/関西行きを3月19日・26日と4月2日にも運航するほか、バンコク発東京/羽田行きを1日1便、東京/羽田〜デリー線を週2便に増便する。

これにより期間中の減便対象路線は58路線で、減便数は7,926便となる。減便率は2月が79%、3月が74%、4月が72%にそれぞれ縮小する。現段階で、2月以降のオセアニア方面、3月以降のソウル・釜山線、4月以降のハワイ・グアム方面の運航計画は未定。

詳細はこちら

https://www.jal.co.jp/jp/ja/

TRAICY

https://www.traicy.com/posts/20201217192351/

※サムネイルの画像はTRAICYより

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます