GoTo停止影響 熱海中心部の予約56% 伊豆の宿泊施設 厳しい年末年始に

GoToトラベル・・・最初から年末年始を除外しておけば、こんなに多くのキャンセルはなかったと思います。

下記は、東京新聞の記事です。

政府の観光支援事業「Go To トラベル」の全国一時停止に伴い、伊豆半島の宿泊施設でキャンセルが増えている。GoToに関係ない常連客が入る一部の施設や期間を除いては、観光業にとって厳しい年末年始になりそうだ。 (山中正義)

熱海市は二十五日、市中心部の宿泊施設の年末年始の予約が56・5%にとどまっていると発表した。熱海温泉ホテル旅館協同組合の調査で、加盟六十五施設中二十九施設が回答した平均値だ。 

調査結果によると、二十六日〜一月三日の年末年始は、施設によって差があり、30〜90%台で推移。昨年度はほぼ満室だった。大規模施設の予約が低調で、大規模五施設の平均は50%に満たないという。一月九〜十一日の三連休も少なく、平均は28・2%。 キャンセル数は三十二施設が回答し、今月二十八日〜一月十一日に一万一千七百七十二件、三万人以上が予約を取り消した。

斉藤栄市長は「大変厳しい数字。観光の裾野は広く、卸売りや飲食店などすべてに関わる。市内経済へのダメージは相当大きいと思う」との認識を示した。 

東伊豆町も宿泊施設のキャンセル数を公表。町観光協会によると、二十四日時点の集計では二十八日〜一月十一日に八千九百一件、計二万六千九百七十三人のキャンセルがあった。 常連でないGoTo利用の若者など新規客が多いという。一方、キャンセルが出たことで予約を取れなかった常連客が戻る動きもあり、今月三十日〜一月二日は予約が戻りつつある。 

伊東市は、大みそかと元日は全体的に八割の予約を維持している。 だがほぼ満室だった年明けの四〜十一日は四割近くまで減少。今月二十七〜三十日、来年一月二〜三日もキャンセルが増えているという。

東京新聞

https://www.tokyo-np.co.jp/article/76787?rct=metropolitan

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます