アフターコロナで発動する新しい価値観

コロナを引き金に顕在化した違和感

新型コロナウイルスの感染拡大で、これまで常識だった価値観が揺らいでいます。一方、こうした「価値観の変化」は、コロナ禍以前から進んでいた面もあるように受け止めています。

コンテンツは8秒で見切りをつけられる

長いステイホーム期間の過程で物事の動きが、自ら出向く「ご奉公型」ではなく、物事の方からやって来てくれる「殿様型」へ、多くの点でシフトしました。

消費の面でも、Uber Eatsに象徴される宅配食の活況をはじめ、これまで「お店まで食べに行く」レストランも、苦境を乗り越えるべく「テイクアウト」を始めました。中にはこれまでは門外不出とされてきたレシピを公開し、自炊で楽しんでもらおうとする店も現れました。

出典写真(以下全て):写真AC

これも、元々はデジタルネイティブ、スマホネイティブと呼ばれ、大量の情報やコンテンツが安価もしくは無料で楽しめることが小さい頃から当たり前だった若者世代が、企業からすると「難しい消費者」と言われてきたことと構造が符合します。ある企業の調査によると1995年以降に生まれた若者の世代の1つのコンテンツの平均消費時間は8秒で、一度に平均5つのスクリーンを使用するといいます。言い換えれば8秒で見切りをつけて次を探しに行く。まさに「多くの陳情を裁く殿様」のような状態です。

選択肢も多く、便利にも慣れ、高い情報リテラシーに基づいた商品やコンテンツの見切りが早いなどの「殿様的な消費行動」は、若者のみならず多くの世代に「コロナだから仕方がない」という大義とともに一般化しつつあるように感じます。実際、コロナ禍が終わった後でも元の勤務や通学にはもう戻れないという意見も多いようです。

「資産を自社で囲い込み、ニーズがある人に取りに来させる」ことを前提にしたビジネスモデルや就労形態が崩れ、「主導権が顧客にある前提で設計された商品・サービス」がいよいよ一気に加速し、不可逆な変化としてコロナ後も残るのではないかと思ってしまいます。

自由な毎日には「オンデマンド動画」より「ライブ配信」

コロナ禍は多くの人に「時間の裁量」を与えました。

忙しさは変わらなくとも、在宅時間が増えたことに比例して「それぞれのタスクをどのタイミングで処理するか」の自由度は上がったはずです。昼食後に一度風呂に入ったり、育児をしながら資料を作ったり、好きなコーヒーを入れながらミーティングに出たり。

ただでさえ外出が制限されて曜日感覚や時間感覚も溶けていく中で、“自己管理力格差”が顕在化したのではないでしょうか。自己裁量で使える時間を稼ぐための「時短」から、増えた自由度の中で「いつ何をやるのかを意思決定する」という「時決」へ、人々のニーズはシフトしていっています。

インスタグラムでの毎朝のヨガレクチャーのライブ配信が好評なのも同じで、「録画して各自オンデマンド」に楽しむのではなく、あえて「タイミングをそろえる」行為だからです。

コロナ禍後もリモート勤務を制度としてスタンダードにしていく企業が出てきているように、ますます自己管理力の求められる時代になり、いつ何をやるのかという「時決」のスキルや、それを補うサービスに注目が集まるでしょう。

視聴者不在の中で動画配信を続ける若者たち

動画の「無観客配信」をする若者が徐々に現れていることを知りました。視聴者がいないのに、自分の好きなものや感じていることを、カメラに向かって話して動画配信するのです。一見「なんのために?」と思いますが、よく考えれば「フォロワーが少なくてもツイートする行為」とあまり変わりません。

背景には、お花見、始業式、入学式、GWの河原のバーベキュー、部活の大会などの「人生のイベント」が延期や中止になってしまったことがあるんだと感じています。「時期が来たらイベントが強制発生する」感覚が薄れ、「自分から能動的に物事に関わってイベントを起こしていかないと、何も起こらない」という日々を痛感した若者が少なくなかったようです。

社会からすれば、何も能動的にやらないで家にいる自分は「いないのも一緒」なのではないか。そういった「能動的でないといけないと感じる圧」は強まったとも言えます。動画配信やツイートは、この心理の表れでしょうね。

たとえ一念発起して行動しなくとも「世の中や社会に参加している実感」を得られるような体験へのニーズは、コロナ禍が収束に向かった後も「個々人が自己裁量で生き方を決める」ベクトルが続く限り、強まっていくように思います。

タバコを吸いながらリモート会議に参加する上司

リモートワークの会議で「スモーカーの上司がタバコを吸いながらうれしそうに参加していた」というケースを聞きました。このように空間や物質を人と人の間に介在させることが、互いが生きやすくなる上で良い作用をもたらすこともあるわけです。

「人と人の間に何を介在させるか」「それによって、個々人が快適で安心な“アンダーコントロール感”をどう享受できるか」。このあたりが企業側にとっては価値づくりのポイントになっていきそうです。

Stay homeでネタ切れを起こしたインスタグラム

インスタグラムを楽しんでいた学生の多くが、「Stay homeでは画がネタ切れです」と悩んでいます。ある学生は「これまでいかに、どこに行き、何を観て、何を食べ、誰と写真を撮るかといった、自分の外側のもので自己表現していたかがわかった」と発言していました。

これらを踏まえると客体をビジュアルで表現する方法から、よりその人の意見や主義といった非物質的な「オピニオン」が重視されていくと見ています。Voicyやstand.fmなどの音声発信プラットフォームに注目が集まるのも、単に視覚から聴覚へのシフトである以上に、自己表現やそれに対する受容が「客体的なものから主体的なもの」へシフトしていることの表れではないでしょうか。

アフターコロナ時代の田舎暮らし

田舎から都市に出て働き中央で立身出世するというイメージは明治国家作った近代化のための物語でした。昭和の時代までは機能しましたが平成で崩壊し、令和では完全に時代遅れになったように思います。

三密が発生しやすい都市に出て住む働くことを疑い、田舎で仕事をする暮らすことに合理性を見いだす必要があるのではないか?と思う人も増えているようです。

2000年代に入り里山へ移り住む若い世代が徐々に増え、むしろ「田舎の田舎」のほうが、若い人に好まれるという傾向もあります。移住者たちは都会のような利便性や働き口を求めず、暮らしの安心や、子供に生きる力を身につけさせてくれる環境を求めているのです。

企業においても交通と通信のインフラ整備が進んだ現代の日本において、もはやどこに拠点を置くかということはあまり関係がなくなってきています。

コロナ感染防止のためテレワークが進んだので、職住近接、生活と生産の場の近接、三密が少ない地域が求められるようになってきています。その結果、人として生きやすい場所、人間らしい暮らしができて生活に適した田舎のほうが、生産する場としても合理的な場所になりつつあるんです。

誰もがめざす東京は地価が高く、効率の悪く、三密が発生しやすい場所になっています。一方で地方は無駄な競争がなく、豊富な資源が安価で手に入るため、経営効率に優れた場所と言えるでしょう。

まとめ

「最初に新しくなる人」から学び、当たり前を再構築

かつて、ビールが「一杯目に飲むもの」で、車は「女の子をデートに誘うために必要なもの」だったように、“そういうものである”という不文律を土台とした消費行為がありました。

しかしそれでは新たな感性を持った若者による「なんでそういうものなんですか?」というピュアな問いに答えを示せない。その結果「若者の○○離れ」が起こりました。

この場合の若者は、「不文律を知らないがゆえに最初に新しくなれる人」とも言い換えられますが、コロナ禍があらゆる人にとって未知の体験だったために、「前提をリセットしたピュアな疑問」を若者以外の世代も抱くこととなりました。

実際、これまで大勢の人が「なんとなくそういうものだから」という理由だけで行ってきたことが瓦解しつつあります。よく考えたら必然ではなかった行為は、「しなくてもいい行為」としてデリート対象になり、今後急速に支持されなくなっていくでしょう。

企業は、自社の提供する商品・サービスや、それに付帯する手続きや購買行動に、「そういうもんだ」という思い込みが混ざっていないか、いま一度まっさらな目で見直す必要があります。

ブログランキングも参加中です。バナーをクリックしていただくと嬉しいですし、他のいろいろなジャンルのブログなどもたくさんありますので見てみてください。そして、いい情報をGETしましょう!


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ リンクリックブログランキング 日記ブログランキング PVアクセスランキング にほんブログ村

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます