おいしくスイカを食べる -今だからこそ!

甘くて美味しいスイカの選び方!

7月27日は「スイカの日」。今さら知ったことですがスイカ食べたくなったので(笑)いろいろ記事にしてみました。ぎっしり果肉が詰まった旬のスイカはまさに日本の夏の風物詩ですね。実はスイカはその栄養価の高さから熱中症対策にもぴったりなんです。
みんなを笑顔にするスイカの本当の実力、ここで改めてご紹介いたします。

出典写真(以下全て):写真AC

スイカの糖度

スイカは収穫されるとその時点で成長が止まり追熟はしないので、買う時点でしっかりと熟した甘いものを選ぶ必要があります。近年は出荷元やスーパーなどでも糖度を測って表示している所が多いので参考にすると良いでしょう。12度以上なら甘いスイカです。13度以上なら間違いなく美味しいですよ。ただし、あくまでも糖度についてです。熟しすぎの場合もあるので注意してください。

スイカは叩けば分かる!?

スイカは昔から手のひらでパンパンと叩いて、その音で見極めるとよく言われてきました。昔は甘さよりも熟し度が重視されていたからなんです。

よく完熟したスイカは叩くとボンボンと澄んだ音で響きます。これが未熟だとポンポンと高い音がします。また熟しすぎている物は低い音ですが鈍く潰れたようなボタボタという音になります。でも、これ、慣れた人にしかなかなか聞き分けられないんですよね。

見た目で選ぶ!

ツルの付け根がくぼんでいるもの
スイカは熟すとツルの付け根の部分が少しくぼみ、その周りが盛り上がったような形になります。その部分がへこんでおらず、まるい球状の表面に軸が出ているような物はまだ未熟なものなので避けてもいいでしょう。ツルが付いている場合はツルが緑色の物にしましょう。枯れている物は鮮度が落ちています。

スイカの模様とその表面がくっきりとして凹凸があるもの
一般的なスイカは薄い緑の表面に濃い緑の縦模様が入っています。この模様がはっきりとしていて、さらに触った時にかすかにへこみ模様の無い部分が膨らんでいます。この凹凸がはっきりしているほど良く熟し甘味が強いスイカの傾向があります。

お尻のへその部分が大き過ぎず、小さすぎないもの
スイカのお尻。お尻のへそは熟すにつれて大きくなります。小さすぎるものはまだ未熟な可能性があります。また、5円玉より大きい物は熟しすぎの可能性が高いです。

ちなみに、日本では無いと思いますが、中国ではスイカの爆発が問題になっていましたね。あれはスイカを大きく育てるために膨張剤を使うために起こるとされています。なんでもありの中国ですが、そんな膨張剤を使ったスイカのお尻も凄く大きくなっています。

美味しく食べるためのスイカの保存方法

スイカは買ったら早めに食べてください
スイカは追熟せず、劣化が早いので、買ったらすぐに食べた方が良いですよ。

まるのままのスイカは冷蔵庫に入れないで
スイカは冷やし過ぎると甘味が弱まり美味しさが半減してしまいます。丸ままのスイカは風通しが良く、比較的涼しいところに置いておきましょう。

なお、カットされた物は傷みが早いので冷蔵庫に入れておき早めに食べましょう。また、スイカは8℃から10℃位が最も美味しく感じ、それ以下の温度に下がると甘味がどんどん減ってきてしまいます。

スイカの冷凍保存
スイカは水分が多く、生食する場合は冷凍保存に向いていません。ただ、スムージーやシャーベットに使うのであれば冷凍する事が出来ます。その場合は、冷凍庫から出してすぐに使えるように、皮を切り落とし果肉だけの状態にしたうえで、ボールの中で潰して種も綺麗に取り除いたものをジップロックなどの保存袋に入れ、平たく伸ばした状態で冷凍しておくと便利です。

スイカの美味しい食べ方

スイカの冷やし方
保存でも述べましたが、スイカは冷やし過ぎると甘味が半減し美味しくなくなってしまいます。なので、食べる直前に冷やすようにしましょう。丸のままの場合は、バケツや桶にスイカを入れ、スイカの上にタオルなどを被せて水道水を垂らすようにします。井戸水があればなおよしですね。

キャンプなどではよく川にスイカを浸けておいたりしますよね。あれが一番美味しい食べ方でだと思います。スイカは8℃から10℃が最も美味しく感じる温度。冷蔵庫に入れる場合も、直前1時間ほど前に入れるようにしましょう。

スイカの上手な切り分け方
スイカは中心部分が最も甘く、皮に近づくにつれ糖度が下がっていきます。切る場合は、甘い部分がみんなにいきわたるように、中心部分から放射状に切ると良いですよ。

オレンジ色のすいか【サマーオレンジ】

毎年の夏、自分は北海道のある地域の農家さんが頑張ってつくっている「サマーオレンジ」という品種のスイカを食べます。地元だけでなく観光で訪れた方にも人気です。人気の秘密は、スイカでありながら果肉がオレンジ~黄色であること。夕日がきれいな地元では「夕日色」のスイカとも呼ばれています。独特のシャリシャリした食感があり、果汁たっぷり。糖度13度前後という爽やかな甘さも喜ばれています。

長年研究を重ね人気を集め、満足ゆくレベルの美味しさへ

サマーオレンジを作る農家さんは言います。サマーオレンジはスイカの中でも育成が難しい品種で、つくっている農家が少なく、お手本もほとんど無い、と。そして満足ゆくレベルで本当に美味しいサマーオレンジがつくれるようになったのは2010年くらいからだそうです。そのノウハウが今は受け継がれています。

自分の中では最高の夏の味覚

スイカの主な品種には「赤肉系大玉」「種なし赤肉系」「黒皮系」「長形」「黄色系」などがあります。「サマーオレンジ」はこの「黄色系」品種の中の「オレンジ色」品種に属します。「オレンジ色」品種は、目下のところ「サマーオレンジ」のみです。クリームスイカの黄色い果肉よりも明らかにオレンジ色の表情をしています。現在サマーオレンジを作っている農家さんは少なく、北海道では小平町の加藤ファームだけではないでしょうか。

ここ数年の夏の出荷は、手間をかけて美味しく育てた約2,000玉ほど。播種を10日ごとに3段階に分けて行っており、旬の収穫時期を少しずつずらして販売できるようになっています。

栽培には苦労が多いらしく、気温が高い年、低い年とビニールハウスの温度調節にも気を配っています。外気温が高いときはビニールのサイドを開け、風を入れるなどして、ハウス内の温度を調整しています。また、日照に応じて、一日のうちで何度も開閉する日もあるそうです。農薬はアブラムシが発生した時は使用しますが、栽培中は可能な限り農薬を使わないようにしています。

ツルに毛がなくなる頃が、収穫の合図。夏に日照時間が多くなるとサマーオレンジはさらに甘みを増し美味しくなります。

スイカはスポーツドリンク代わりにもなる!?

スイカが「夏の果実の王様」と呼ばれるのには深い理由があります。それはスイカが、熱中症予防をはじめ夏の元気を強力にバックアップしてくれる食べ物だということです。

熱中症を防ぐためには水分補給することが第一ですが、スイカは水分が90%以上と非常に豊富。さらに糖分やカリウム・カルシウム・マグネシウム等のミネラルも含まれているので、微量の食塩を加えるとスポーツドリンクと同じような効果が期待できます。夏とスイカの組み合わせは、栄養学的にも理にかなっているんですね。

スイカのカロリー

ここで気になるのがスイカのカロリー。「スイカは甘いから太る」と誤解されている方も多いのでは? でもご安心を。生のスイカはそのボリュームに対してほとんどが水分。カロリーは100gあたり37kcalと、ゴボウ(100gあたり65kcal)と比べても格段に低いのです。それに食物繊維も豊富で十分な満腹感が得られるので、ダイエットのリバウンド予防にも効果的といえます。ちなみに、肥満について研究しているアメリカの代表的医療機関が公表しているダイエットプログラムの中でも、スイカの摂取量は無制限。スイカの食べ過ぎで太ることはまずありません(笑)

まとめ

スイカには血流状態を改善してくれるシトルリンというアミノ酸が含まれているため、手足のむくみの改善効果も期待できます。また、新陳代謝を促し、肌の健康を保つビタミンAや、美肌を損なう活性酸素を除去する力の強いリコピンなども大変豊富です。

加えてビタミンCは、シミの元になるメラニン色素の形成を押さえるほか、肌の弾力性を保つコラーゲンの形成に関与しているため美白効果やシワの予防効果も見込まれます。

さらに、スイカに多く含まれているカリウムは、高血圧予防に大変効果的なほか、カルシウムの骨への蓄積を高めてくれる働きがあるため、骨粗しょう症予防効果にも期待が高まっています。

さて明日からまた、たくさんのスイカ食べますか。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ リンクリックブログランキング 日記ブログランキング PVアクセスランキング にほんブログ村

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます