アイヌ文化の発信拠点「ウポポイ」が開業!

「ウポポイ」って知っていますか?

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、外出自粛などを繰り返し呼びかけた北海道の鈴木知事。2月ごろからテレビで流れた記者会見の映像で、鈴木知事の背後に書かれている「ウポポイ」ということばに「何のことだろう?」と気になった人もいるのではないでしょうか。「ウポポイ」は、実は北海道にできた大切な施設の愛称。アイヌ文化の発信や、観光を盛り上げる意味で地元の期待も大きいんです。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

ウポポイは、アイヌ文化を復興・発展させるための国立施設です。正式には「民族共生象徴空間」といいます。政府が北海道白老町に約200億円をかけて整備しました。森や湖など豊かな自然が広がる約10ヘクタールの広大な敷地の中に、アイヌ民族博物館、古式舞踊が披露される体験交流ホール、伝統家屋「チセ」を再現した集落「コタン」などがあります。愛称のウポポイの意味はアイヌ語で「大勢で歌うこと」。親しみやすく覚えやすいようにと、インターネットなどの投票で選ばれました。


ウポポイ「民族共生象徴空間」ホームページ

ウポポイ「民族共生象徴空間」ホームページ

具体的にどんな役割が!?

出典写真(以下全て):写真AC

上のツイートにもありますし、なんといってもウポポイの関連整備だけで200億円。アイヌとは全く関係ない土地だとも言われています。そして「ウポポイという国の直轄事業を機に観光事業、地方経済の再生につながると確信している」という国土交通大臣の赤羽さんのコメント、アイヌ文化や歴史には興味がないようにも聞こえます。

ただ、文化としてアイヌを世界に発信し記憶に残していくことは大切だと思います。きれいな言葉で言うと、先住民族のアイヌの人たちの失われつつある文化の発信拠点になることが最も大切な役割です。

アイヌの人たちは「自然界のすべてのものに魂が宿る」という世界観など、固有の文化を発展させてきました。

一方で、明治政府の同化政策で日本語での教育を強制され、信仰の自由も奪われました。アイヌの人たちへの差別意識が強まった歴史もあります。いまでは日本語と系統が異なるアイヌ語や、独特の文様が施された工芸品の製作を伝承する人が年々減少し存続の危機にあります。国の施設として整備することで、多くの人たちが協力して、文化の研究や継承の活動に携わることができると期待されているんです。

国立アイヌ民族博物館は、アイヌの歴史・暮らし・風習などを伝える生活道具や工芸品など約1万点を所蔵しています。アイヌ文化は地域ごとにことばや着物などが異なります。博物館では、白老地方・釧路地方・旭川地方などさまざまな地域から寄せられた資料を通じて、多彩な文化を感じることができます。

アイヌ文化になじみがなかった人が関心を持つきっかけになる施設もあります。伝統的な古式舞踊の見学や、工芸・刺しゅうを体験して学ぶこともできます。

ウポポイの館内の案内表示にも特徴があります。アイヌ語を第1言語として表記し、日本語・英語・中国語・韓国語を併記しています。アイヌ語を継承するとともに、少しでも多くの人に知ってほしいという思いが込められています。

ウポポイ、いつごろ開業予定?

2020年4月24日にオープンする予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で2度にわたって延期されています。政府は感染状況を見ながら判断するとしていましたが、内閣官房、文部科学省、国土交通省 北海道開発局は2020年6月19日、新型コロナウイルスの影響で開業を延期していたアイヌ文化復興の中核施設「民族共生象徴空間(通称:ウポポイ)」を、7月12日に開業することを発表しました

開業に向けた第一歩としては、6月9日から地元の町民向け内覧会が始まりました。感染防止対策に力を入れています。来場者には体温のチェックを行い、古式舞踊の披露も密集を避けるため屋内のホールではなく、屋外ステージに変更していました。開業後も当面は、体験プログラムの制限など影響が続くとみられます。

北海道には他にもアイヌ施設がある

ゴールデンカムイが話題でしたが、ウポポイ(民族共生象徴空間)もいよいよオープン。北海道に来てでアイヌの歴史を知ることが、これから普通になっていくのかもしれません。

北海道何はいくつかのアイヌ博物館などがありますのでご紹介。

阿寒湖アイヌコタン

コタン(集落)では、アイヌ古式舞踊や人形劇が阿寒湖アイヌシアター『イコロ』で上演され、アイヌ生活記念館では古代からのアイヌの生活や文化を学ぶことができます。

https://www.akanainu.jp/

平取町立二風谷アイヌ文化博物館

重要有形民俗文化財「北海道二風谷及び周辺地域のアイヌ生活用具コレクション」をはじめとしたアイヌの民具、重要文化的景観にも選定されたチセ群のほか、数多くの視聴覚資料、関係図書等が納められています。

アイヌ文化交流センター(サッポロピリカコタン)

伝統衣服や民具など約300点展示されており、実際に手にとって見ることができます。

https://www.city.sapporo.jp/shimin/pirka-kotan/

北海道博物館

有形・無形の文化に関する専門的研究組織を有する世界に誇るべき総合博物館として、アイヌ文化の振興に寄与するとともに、多文化共生社会の実現に貢献します。

http://www.hm.pref.hokkaido.lg.jp/

他にも、北海道立北方民族博物館、旭川市博物館、函館市北方民族博物館、帯広百年記念館、釧路市立博物館、萱野茂 ニ風谷アイヌ資料館などの博物館もアイヌ文化の展示などがあります。また、ユーカラの里(アイヌコタン)などでも気軽にアイヌの文化を体感できるようです。

イランカラプテ

アイヌ語のイランカラプテ(こんにちは)には「あなたの心にそっと触れさせていただきます」という美しい意味があるそうです。

アイヌの人々は、独自の言語、信仰や文化の独自性を持つ先住民族です。北海道にある市町村の名前は約8割がアイヌ語に由来しているといわれ、さらに、東北地方の北部にもアイヌ語に由来した名前の市町村があると言われています。

「イランカラプテ」はアイヌの人々のあいさつで、「こんにちは」という意味です。 アイヌ語の教本などでは、やや丁寧なあいさつと紹介されています。

アイヌ語には、北海道内各地、樺太・千島によってそれぞれ方言が存在します。

「こんにちは」に相当するあいさつとしては、「イランカラプテ」のほか、地域によって、「イナンカラプテ」(帯広)、「イランカラフテ」(樺太)、「イソロレ」(道東)、「イカタイ」(日高)といった言葉が使われています。

しとちゃんねる

まとめ

ウポポイの来場者数の目標は年間100万人です。先住民族への関心は海外でも高く、北海道の観光を盛り上げる起爆剤としても期待されています。まだまだ、世界から観光客を呼ぶことは新型コロナウイルスの影響で難しいですが、ウポポイを訪れることで多くの人がアイヌ文化に触れ、理解を深めるきっかけになればと自分は願っています。

自分もいつか足を運んでみることになるでしょう。

Future is MINE -アイヌ、私の声-

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ リンクリックブログランキング 日記ブログランキング PVアクセスランキング にほんブログ村

ウポポイ (民族共生象徴空間)map

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます