ライトショアジギング!今人気のジグミノーってどんなルアー?

ライトショアジギングを制する3タイプの王道ルアー

「ライトショアジギング」とは、大雑把に言ってしまえば「ライトなショアジギング」ということになりますでしょうか。堤防や地磯など「岸」からルアー(メタルジグ等)をキャストして釣るジャンルのなかで、ヘビーなメタルジグを使用するのが「ショアジギング」。対して、より軽く扱いやすい重さのメタルジグ(=ジグ)を使用するカテゴリーを「ライトショアジギング」というんでしょう。

出典写真(以下全て):写真AC

ライトショアジギングで使用するルアーは山ほど種類があります。大きさも違うし、形も違うし、ルアーアクションのやり方も違うし・・・1つ1つ説明していたらきりがありません。けど大枠での区分は決まっていますので、ライトショアジギングで使用するルアーについては、この大枠の区分さえしっかりおさえておけば心配することはナシです。

ライトショアジギングで使用するルアーは大きく分けると3つのタイプに絞ることができると思います。

  • ミノー
  • バイブレーション(通称バイブ)
  • メタルジグ(通称ジグ)

この3種類が基本タイプになっており、この3タイプの仕組みや扱い方を理解していれば、その他のルアーは応用編のようなルアーがほとんどなので、この3タイプについてしっかり覚えておけば、だいたいOKです!

又、この3タイプはそれぞれ攻めるレンジ(深さ)も異なっており、自分がどのレンジを攻めるかもこの3タイプを使い分けることで制することができます。

表層を制覇するミノー

先ずはじめに知っておきたいのがミノーです。

ミノーは上の画像のような形をしているルアーで、特徴としてはルアーの口先に大きな舌のような仕掛けがついているのが特徴です。これは【リップ】と言い、この舌のような仕掛けでルアーが本当の魚のように泳いでいるようなアクションをします。

ミノーは主に表層を狙って泳ぐルアーで、狙える魚種としてはサーフやテトラ帯からのシーバス(スズキの事)狙いなどの比較的大きめの魚がメインになります。

ミノーのルアーアクションはただ巻でのアクションが多く、動作的にも楽なアクションでコントロールしやすい点が魅力の1つです。

ミノーには、

  • シンキングミノー
  • フローティングミノー

と2種類があり、その違いについては、リップの部分の長さと大きさが違うのが特徴です。リップの長さによってミノーが泳ぐスタイルが異なり、シンキングミノーはリップが大きめ、フローティングミノーはリップが小さ目なのが大きな違いです。

中層を制覇するバイブレーション

次に知っておきたいのが中層をメインに狙うバイブレーション(通称バイブ)です。

バイブは言葉の通り、小刻みに震えながら泳ぐルアーです。バイブをキャストしてリールを巻くとわかりますが、ブルブルブルッといった感覚が伝わってきます。その振動が水面を波立たせ、魚にアピールする仕組みになっています。

他のルアーは口元の所につなぎ目があるのに対し、バイブはルアーの背中部分につなぎ目があるのが特徴です。この背中部分につなぎ目があるおかげでブルブルブルッといった振動が発生するのです。

又、バイブはミノー同様にただ巻でのルアーアクションがメインの為、動作的にもコントロールしやすいルアーです。値段も1000円前後と決して安くはありませんが、ミノーよりは安い価格になっています。

バイブレーションのメリット、デメリット

バイブのメリットは主に中層~底に特化して狙うことができることです。ミノーよりも振動でのアピール性とアクション性が高い為、特に中層にいる魚にはかなり強力なアピールをすることができます。又、ミノーよりも比重が大きい為、飛距離もミノーよりも一回り遠い距離をとばすことができます。

デメリットとしては、比較的比重がある為、深さが浅い場所ではすぐに底につきやすい点があげられます。その為、浅めの場所ではなくある程度深さがある場所でないと使いにくいのが大き欠点です。

底を制覇するメタルジグ

3つめに紹介するのがメタルジグです。

メタルジグはルアーの中でも定番中の定番で、知らない人はいないと言っていいぐらい一番有名なルアーです。メタルジグは、ミノーやバイブと比べると、変わった細工が特に施されていないルアーなので、自然な動きをします。その為、リールやロッドアクションがそのままルアーに伝わるので、自分のアクション性が一番繁栄されやすいルアーと言えます。

ルアーアクションとしては、フォールとジャークを交互に繰り返します。その為、シャクって巻いてシャクって巻いて・・・とアクション性が高い動作を行う必要が高いので、疲れやすい点がありますけど(笑)

ルアーの値段としては、1000円以下のものが多く、安いものであれば、300円~500円ぐらいで買うことができます。又、ダイソーなどの100円ショップでも買うことができてオーソドックスで一番人気が高いルアーですね。

メタルジグのメリット、デメリット

メタルジグの一番のメリットは飛距離が出せる事と、底を取る事ができることです。メタルジグはルアーの中でも一番飛距離が出しやすい作りになっており、フルキャストを行えば、100ⅿ以上を飛ばすことも十分可能なルアーです。

メタルジグはフォールとジャークを繰り返すため、狙う層としては、表層~底まで万遍なく攻めることができます。と言っても一番特化しているレンジは底になります。

メタルジグは底を取ることができる為、根魚系や青物系には高いアピール性があります。特に根魚は上から落ちてくるものを狙う習性が強い為、根魚の代表であるヒラメなどには一番効果的なルアーだと言えます。

デメリットとしては、根がかりがしやすいことと疲れやすい点です。底を取れる分ルアーアクションが遅いと、底で引っかかり根がかりを起こしてしまいます。又、一定のフォール、ジャークのアクションを取らないといけない為、釣り人自身が疲れやすいといった面があります。

3タイプのルアーが基本に

基本的には上で紹介してきた3タイプがもとになっているものが多く、それぞれの良い所だけを組み合わせて作られたルアーなどもあります。けど、良いものは良いですが、悪いものも多くありますので(笑) 正直、当たり外れがありますよ。

なので紹介した3タイプをしっかり使いこなせるレベルになっている方は、他のいろんなタイプのルアーを使ってみてもいいかもしれませんが、ルアーの仕組みや特徴をしっかり理解できていない人は、あまりやみくもに買いあさると、結局使わずお金だけを消費してしまう可能性もあるんです。

今人気のジグミノーってどんなルアー?ジグやミノーとの違いを紹介

ジグミノーというルアーは、メタルジグとミノーの良いところがひとつになったルアーといわれていますが、メタルジグとの違いやミノーとの違いも微妙にあるのが特徴です。

ここからはジグミノーの特徴やメタルジグとの違い、ミノーとの違いなどを紹介していきます。ソルトルアーでよく使われ、「よく釣れる」「使いやすい」と人気急上昇のジグミノー!皆さんもこの機会に試してみてもいいかも。

どのようなコンセプトのもとにつくられたのか?

ソルトルアーを楽しむアングラーの方は「ミノーのような食わせの力が高いルアーを、より遠くに飛ばしたい」と思った経験はありませんか?このような思いは、多くのアングラーが一度は感じたことがある悩みのひとつですよね。ジグミノーは、こんなアングラーの声をもとに作られました。

ミノーはメタルジグに比べるとどうしても飛距離が下がってしまいがちですが、ジグミノーは高い飛距離性能が魅力です。最近ではこのようなジグミノーが急速に普及してきました。

おかっぱりからのルアー釣りは飛距離が非常に有効になるため、このようなルアーの台頭は必然だったのかもしれませんね。メタルジグ、ミノーとどちらも好んで使う方にとっては特に魅力的なルアーに仕上がっています。

メタルジグとの違いは?

細く長く、一見すると鉄の塊にも見えるメタルジグと比べ、よりミノーライクで、アングラーからもベイトのように錯覚する立体的なシルエットになっているのがジグミノーの特徴です。

またリフトアンドフォールを多用するメタルジグよりも、ただ巻きでゆらゆらと泳ぎ、シンキングペンシルに似た泳ぎをすることが可能です。そしてフォール速度はメタルジグに比べやや遅く、一定のレンジをキープして泳ぐこともアングラーのテクニック次第では難しくありません。

飛距離に特化したメタルジグよりも、ミノーのような細部まで洗練されたリアルベイトであることが、ジグミノーのセールスポイントでもあります。

ミノーとの違いは?

ジグミノーは、空気抵抗を少なくするためにリップがなく、ミノーに比べシルエットがスリムなものが多いです。このシルエットもより空気抵抗を少なくし、飛距離性能を向上させるために必要になります。

そしてミノーのように強いレンジキープ能力はなく、アクション方法によってもレンジの変更が可能です。一定のレンジをキープするミノーやペンシルベイトよりも泳ぎの自由性が増しているのがジグミノーの特徴と言えるでしょう。

おすすめジグミノー1 ポジドライブガレージ

【ポイント3倍】POZIDRIVEGARAGE(ポジドライブガレージ) ルアー スパンクウォーカー133F #09 ブラックレインボー

価格:4,059円
(2020/8/18 17:08時点)
感想(0件)

ブルーピンク、イワシカラーはナチュラル系の王道カラーです。ベイトであるイワシに最も似せたカラーは、アピールカラーよりもよく釣れるとか…。
27グラムのウェイトは風があるフィールドであってもよく飛び、操作性と飛距離のバランスがとれたウェイトで、最も使われるアベレージウェイトです

おすすめジグミノー2 チャート

シマノ/SHIMANO 熱砂 シースパロー105HS AR-C OL-310N 34T/チャートキャンディ / サーフヒラメ

価格:1,848円
(2020/8/18 17:11時点)
感想(0件)

チャートカラーはシーバスのイメージが強いですが、ヒラメや青物もよく釣れるアピール力の高いカラー。曇りの日や雨の日などあまり明るくないフィールドでよくチョイスされるカラーです。抜群の飛距離でメタルジグよりも優れるとされる食わせの能力を試してみたいところですね。

釣れる対象魚は?

遠投性能の高いルアーになりますので、広大なサーフでヒラメや青物、河川ではシーバスやサクラマスなどの魚を狙う際に有効とされます。

しかし、ここにあげた対象魚以外であっても釣果が期待でき、メタルジグやミノーで釣ることができる魚であればどれもジグミノーでよく釣れるとされます。メタルジグより一層と魚のようなデザイン、シルエットのジグミノーはこれからのソルトルアーの定番となりそうな勢いのある注目ルアーです。

皆さんもこの機会にジグミノーの存在だけでも覚えてもらえると、少しうれしく思います。数年後にはメタルジグやミノーを超えるソルトルアーの代表的なルアーになっている可能性もありますしね。

まとめ

メタルジグやミノーの次に注目を集めているジグミノーですが、新しいコンセプトのルアーは実績が少なく、メジャーなルアーになる途中の段階です。新アイテムが好きなアングラーは試してみたい気持ちになりますよね。

冬から春にかけては新ルアーが続々と出る時期にもなり、目を引くようなデザインやカラーのアイテムも多くなってきます。みなさんも釣具店でジグミノーを見つけた際には積極的に手に取って、なにが釣れそうか想像してみてくださいね。

ブログランキングも参加中です。バナーをクリックしていただくと嬉しいですし、他のいろいろなジャンルのブログなどもたくさんありますので見てみてください。そして、いい情報をGETしましょう!


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ リンクリックブログランキング 日記ブログランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます