観光の新たな切り口 いわき市の「聖地観光」の取り組みとは

いわき市には多数の神社・仏閣、聖山などが存在し、その一つ一つに土地の性質、文化を残しております。これらを「聖地」と銘(めい)打ち、旅の商品化につなげ、国内・海外より観光客を呼び込もうとしています。

レイラインハンティングとは?

神聖な光の道 聖地の意味ある配置

観光とは本来、“光を観る”ことを指します。「レイラインハンティング」では、デジタルマップや地質学データに基づき、聖地(神社、仏閣、聖山など)太古からの祭礼の場所等の配置や向きを調査して、土地の文化や歴史を明確にするものです。

ストーンヘンジやピラミッドなどが世界の代表例ですが、いわき市でも参道から鳥居を抜けて社殿へと太陽の光が差し込む「光の道」を拝める場所や、神社、仏閣などで形成されている結界が、随所で見られます。

講演会やツアーも開催

春分、秋分、夏至、冬至などに合わせ、参加者と一緒にスマホアプリを使用して調査をするフィールドワークや専門家をお呼びしての講演会、ツアーなども随時開催しています。

プロモーションビデオ

いわき市 聖地観光 「龍燈伝説」

全国各地で言い伝えられている龍燈伝説。これは、海から出現した蛍火が海岸沿いの木などに連なる伝えられています。いわき市ではさらに「竜宮城」「浦島太郎」などの竜宮伝説も色濃く残っています。

これらをテーマに、いわきの聖地を撮影した大迫力の映像をご覧ください。

参考:いわき市観光サイトより

https://kankou-iwaki.or.jp/feature/leyline/top

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます