「ワールド・スキー・アワード」日本リゾート部門 妙高市「ロッテアライ」が最優秀賞 

国内では北海道以外のスキーリゾートで初受賞とのこと。今年は12月12日にオープン予定とのことです。

新潟日報が伝えています。

「ロッテアライ」最優秀賞 「ワールド・スキー・アワード」日本リゾート部門 北海道以外で初

世界中のスキーヤーらが選ぶ「ワールド・スキー・アワード」の「日本のベストスキーリゾート2020」部門の最優秀賞に、妙高市のロッテアライリゾートが選出された。北海道以外のスキーリゾートが同賞を受賞するのは初めてで、関係者は「今後も積極的に海外にアピールして、楽しめるスキーリゾートにしたい」と喜んでいる。

「ワールド・スキー・アワード」は2013年に始まり、世界各国のスキーリゾートやスキー場のホテル、旅行会社などを対象に部門別に賞を設けている。毎年、世界中のスキーヤーやスノーボーダーからインターネットで投票を募り、11月に最優秀賞が決まる。同リゾートによると、今回は約10万人が投票したという。

国内ではこれまで、北海道の「ニセコユナイテッド」と「ルスツリゾート」が同賞を受賞してきた。ことしはノミネートされた国内の15スキーリゾート中、初めてロッテアライリゾートが受賞した。「ワールド・スキー・アワード」のサイトによると、非圧雪の自由滑走エリアが80%以上あることや、客室が長期滞在に適していることなどが評価されたとしている。

スキー場とホテルが一体となった同スキーリゾートは2017年にオープン。昨シーズンは約7万人のスキー、スノボ客らが訪れ、約半数はオーストラリア人やアジア地域からの外国人が占めた。

12日にオープン予定の同リゾートは、管理外のエリアでの滑走を全面禁止にするなど、山の斜面で新雪を滑走する「バックカントリー」対策にも力を入れている。

中谷高士代表取締役兼総支配人(50)は「雪が降ると、平日でも多くの外国人スキーヤーらが集まってきた。圧雪しない雪のコースや、雪の量が外国人が滑る環境に合っていたのでは」と分析する。今後も最優秀賞受賞を目指したいとした上で、「より多くの海外、日本人客に来てもらうため、幅広い層が楽しめるスキー場にしていきたい」としている。

新潟日報モア

https://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20201207585825.html

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます