長期滞在85%引き 倶知安のHTM 国内客の開拓狙う

ニセコは、あこがれのウインターリゾート。魅力のコンドミニアムが長期滞在で、なんと最大85%OFF!

後志管内倶知安町の不動産管理HTMは今冬、コンドミニアムの宿泊料金を長期滞在者向けに通常料金より最大85%割り引くサービスを始めます。仕事と観光を兼ねてリゾートに滞在するワーケーションなど国内の新たな需要の掘り起こしが狙い。

訪日客の回復時期が見通せない中、ニセコ地域の大手が値下げに踏み切ることで、冬のニセコの宿泊価格にも影響を与えそうです。

対象施設はニセコグラン・ヒラフスキー場(倶知安町)に隣接し同社が運営する「スカイニセコ」(129室)。

リゾートの目抜き通り「ひらふ坂」最上部で、スキーを履いたままゲレンデに出られる好立地から、例年海外富裕層を中心に人気が集中し、最上階の特別室は1泊1室の宿泊価格がピーク時で100万円に達します。

北海道新聞電子版より

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます