ホテル オークラ 札幌 2021年で営業終了

画像:ホテルオークラ公式サイトより

ホテルのプレスリリース(2020年7月7日)によりますと、札幌・大通にあるホテル・オークラの土地・建物契約の終了が決定したため、来年(2021年)9月に営業を終了する、と発表しました。予定日は9月20日(仮)を予定していますが、詳細は決まり次第、ホテルより正式発表があるとの事です。

ホテルオークラは、前身のホテルアルファ・サッポロ開業の1980年(昭和55年)から40年にわたって、北海道のバブル時代をけん引してきました。しかし、建物ができた時期が早いだけに、補強工事に多額の資金がかかるため、移転して建て替えることを決めました。

営業は一旦終了となりますが、親会社のオークラホテルズ&リゾーツは、札幌を需要のある拠点と考えており、当日まで客室、レストラン、宴会場などは全館これまで通りの営業を続ける予定です。

↑公式プレスリリース
>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます