札幌で独自の宿泊割引『サッポロ冬割』が実施 1月中旬より 

対象は「道民限定」・・・コロナ禍であり、東京などで緊急事態宣言が発令されることから、どのような形で実施されるのか、開始日を含めて未決定なところもあります。

下記は、Hotel Bankの記事です。

北海道札幌市の秋元市長は、新年最初の会見で新たな観光需要喚起策『サッポロ冬割』の実施を予定していると発表した。

サッポロ冬割では、1人1泊5,000円が支援される。新型コロナウイルス感染拡大への影響を考慮し、対象は道民に限定するという。実施は今月中旬からの見通しだが、正式な開始日は今後の感染状況を踏まえて決定される。


気になる感染対策だが、秋元市長は会見で、昨年複数のクラスターが発生したすすきのなどの繁華街や、感染時のリスクが高い高齢者施設を中心に、予防を狙いとしたPCR検査を進めていく方針を掲げた。

また、東京オリンピックのマラソンおよび競歩の会場が市の「札幌大通公園」となっていることについて、秋元市長は「観客の入れ方はこれから検討していく」としながらも、「(マラソンや競歩は)野外の協議なので密をある程度できれば感染対策になると思う」と述べ、実施に対し前向きな姿勢を示した。

札幌市では昨年11月頃から新型コロナの感染者が急増し、政府のコロナ対策分科会の提言を受けて「GoTo」からの除外措置および市民への旅行自粛要請が出されていた。いまだコロナ収束の見通しは立たないものの、秋元市長は今年の一字として「望」を挙げ、「希望に満ちた年にしたい」と新年の抱負を述べた。

Hotel Bank

※サムネイルの画像はHotel Bankより

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます