東京九州フェリー2番船「それいゆ」進水 2021年7月就航 公式サイトも開設

横須賀~北九州間を21時間強で結びます・・・

来年7月に就航する「それいゆ」について、乗りものニュースが伝えています。

Large 201227 soreil 01
進水した「それいゆ」(画像:東京九州フェリー)。

 

1番船「はまゆう」と同型船です。

東京九州フェリーが就航予定の横須賀~北九州(新門司)航路に投入する新造船、その命名進水式が2020年12月23日(水)に三菱重工業 長崎造船所で執り行われ、「それいゆ」と命名されました。

「それいゆ」は8月に進水した「はまゆう」と同型で、全長は222.5m、総トン数は約1万5400tで、トラック約154台、乗用車約30台を積載できます。旅客定員は268名です。

船内には3層吹き抜けのエントランスとシースルーエレベーターが設けられるほか、レストランやバーベキューコーナーで海を眺めながら食事を楽しむことができるとのこと。最上階には太平洋の風を感じられる露天風呂やプラネタリウムや、映画鑑賞のシアターも備えつけられるそうです。客室は個室が22室80名(ドライバー室除く)のほか、ツーリストクラスもプライベート空間が確保された寝台になるといいます。

なお、今回の「それいゆ」進水に合わせ、東京九州フェリーの公式サイトも開設されました。「それいゆ」と1番船の「はまゆう」ともに、2021年7月、揃って横須賀~北九州(新門司)航路に投入されます。同区間を21時間強で結び、日曜日を除く週6便運航の運行予定です。

乗りものニュース

https://trafficnews.jp/post/103341

※サムネイルの画像は乗りものニュースより

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます