元日の初詣激減、明治神宮は75%減 分散参拝も進む

日本人の律義さというか・・・分散参拝がちゃんと行われております。

以下は、産経新聞の記事です。

全国の主要神社の元日の初詣の人出が、昨年との比較で2~5割程度にとどまったことが2日、スマートフォンの位置情報を基にした人出データで分かった。元日、大みそか以外の人出が元日を上回った神社もあり、分散参拝の呼びかけが一定程度奏功したとみられる。

システム会社「アグープ」のデータで、明治神宮(東京)、住吉大社(大阪)、熱田神宮(愛知)、鶴岡八幡宮(神奈川)の人出を比較した。

元日の人出は、感染者数が全国に比べて多い東京と大阪にある明治神宮と住吉大社が前年の25%で、鶴岡八幡宮(45%)や熱田神宮(31%)より少なかった。大みそかでは、明治神宮47%、住吉大社46%、鶴岡八幡宮73%、熱田神宮68%だった。

元日までの1週間をみると、分散参拝が進んでいる傾向もみられる。

12月30日までは時間帯別では明治神宮も含めた4神社すべてで前年を上回る日もあった。

元日と他の日の人出を比べると、昨季の年末年始(令和元年12月末~2年元日)の12月26~30日のそれぞれの日の人出は、元日の5割以下で1割を切る日もあったが、今季(2年12月末~3年元日)の12月26~30日には、それぞれ元日の5割を超える人出を記録する神社が続出。明治神宮では今季、12月26~28日の人出がいずれも元日の人出を上回った。

産経新聞

https://www.sankei.com/life/news/210102/lif2101020017-n1.html

※サムネイルの画像は産経新聞

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます