淡路島内主要観光施設の入場者数24%減 7~9月、新型コロナ影響で

淡路島の主要観光施設の入場者数について、神戸新聞が伝えています。

神戸新聞NEXT

兵庫県の淡路県民局がまとめた昨年7~9月の経済リポートで、淡路島内の主要観光施設8施設の入場者数が65万2千人となり、前年同期と比べて24・3%減ったことが分かった。新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた時短営業や、催しの中止などが影響したという。

関係機関からのデータを基に、淡路県民局が3カ月ごとに島内の経済や金融の指標を分析している。主要観光施設は淡路ファームパーク・イングランドの丘(南あわじ市)やウェルネスパーク五色(洲本市)、淡路ワールドパークONOKORO(淡路市)などの島内8施設。

7~9月を月別にみると、7月は前年同期比41・6%減の14万9千人▽8月は同17・6%減の27万9千人▽9月は同16・3%減の22万4千人。特に7月の落ち込みが大きく、3カ月間の合計では前年同期と比べて20万9千人減った。

4~6月の経済リポートでは政府の緊急事態宣言の影響が響き、入場者数は前年同期と比べて8割ほど減っていた。7~9月はそこから回復の兆しを見せたが、まだ戻り切れていない状況が浮き彫りになった。

淡路県民局県民・商工労政課は「自家用車での観光客は増えたが、バスの団体客などが戻らなかったことも影響したのではないか」としている。

神戸新聞NEXT

https://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/202101/0013977626.shtml

※サムネイルの画像は神戸新聞より

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます