車中泊避難に役立つ!自家用車キャンプ体験しよう

 災害時に役立つ自家用車を使った「車(シャ)バイバルキャンプ」が、10月10日午後1時から11日午後3時まで、岐阜県白川村馬狩のトヨタ白川郷自然学校で初めて開かれます。トヨタ自動車、同学校主催。

近年、自然災害が頻発する中、新型コロナウイルスの影響もあり、避難所ではなく車中泊避難をする状況が増えています。キャンプでは72時間サバイバル協会の片山誠代表理事を講師に、万が一に備え何人がどのように寝れば安全、快適に過ごせるのか、避難生活空間づくりを体験します。

同自然学校の環境を生かして、ビニール袋を使った災害飯づくりや、火起こしチャレンジなども行います。ホテルの温泉での入浴もできます。

定員は20組、20台。参加料は1泊3食で中学生以上1万5千円、小学生1万2500円、同伴の未就学児は無料。締め切りは25日。申し込み、問い合わせはトヨタ白川郷自然学校、電話05769(6)1187。

岐阜新聞Webより

https://www.gifu-np.co.jp/news/20200919/20200919-275331.html

詳細はコチラ

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます