JR札幌駅西口高架下に新名所 市内最大級“札幌つなぐ横丁”12月4日オープン

札幌つなぐ横丁・・・その名の通り”つながり”を大切にしており、感染予防対策にも配慮していくとのこと。コロナがなければ本年3月に誕生するはずでしたが延期され、12月4日にオープンの運びとなりました。

UHB 北海道文化放送が伝えています。

テーマは”つながり”…電車の音も聞きながら屋台の雰囲気味わう

JR札幌駅西口の高架下に札幌市内最大級の飲食店の横丁が誕生します。新型コロナウイルスの影響でオープンが延期となっていましたが、席数を間引くほかオリジナルの対策も取り入れてのスタートです。

江上 太悟郎 アナウンサー:「電球とちょうちんできらめく『札幌つなぐ横丁』です。どこかレトロな雰囲気に、安心感と懐かしさを覚えます」

JR札幌駅西口の高架下に、12月4日にオープンする「札幌つなぐ横丁」。地域や人とのつながりをテーマに、全国各地のおいしいものを提供する15店が軒を連ねます。

高架下には全国のグルメがずらり…珍しい”豚足専門店”も

しっかり煮込んだ”豚足”はぷりぷり

こちらは、北海道では珍しい豚足専門店。独自の仕入れルートで毎日新鮮な豚肉を仕入れています。

江上 太悟郎 アナウンサー:「いただきます!お肉の身のぷりぷり感と、軟骨の歯ごたえがすごいですね。かめばかむほど出る豚のうまみにお酒が進みそうです」     

じっくりと火入れして煮込んだ豚足はとっても柔らかく、コラーゲンたっぷり!韓国調味料ベースのオリジナルピリ辛タレが病みつきになります。

”希少マグロ”に舌鼓 鮮度抜群!北海道の海の幸

ちょい飲みにもぴったりの「マグロ希少部位盛」

そして、もちろんあります。地元・北海道の新鮮な海産物!鮮度抜群のぜいたくな刺身に注目です。

12月4日、JR札幌駅西口の高架下にオープンする「札幌つなぐ横丁」。全国のおいしいものが勢ぞろいしますが、地元・北海道の新鮮な海産物もオススメです。

海鮮・刺身専門店が手掛ける「マグロパーラー」では、その日仕入れた北海道産本マグロなど鮮度抜群のぜいたくな刺身盛り合わせがおすすめです。

マグロパーラー 國田 泰弘さん:「一番希少な部位は頬肉」

江上 太悟郎 アナウンサー:「歯ごたえがすごい!すごくコリコリしていておいしい」

“横丁”に来て元気になって マウスシールドも準備

会話を楽しむための”マウスシールド”

その他、京都の鉄板ホルモンや、名古屋の手羽先専門店など様々な味がそろいます。

本来、2020年3月オープン予定でしたが新型コロナウイルスの影響で延期。席数を減らしたり、10分に1回換気をしたり感染予防策をしてのスタートです。

名前の通り「つながり」を大切にするこちらの横丁ならではのこんな対策も。

札幌つなぐ横丁 大坪 友樹さん:「こちらで口を覆って会話を楽しんでほしい」

江上 太悟郎 アナウンサー:「なるほど。口に当てて飛まつを防止して会話を楽しむということですね」

手軽に口元を覆って飛まつを防ごうというマウスシールド。会話をする際の感染予防にと考え出しました。

札幌つなぐ横丁 大坪 友樹さん:「この状況だからこそ、皆さんに横丁の雰囲気を味わってもらい、少しでも心が元気になってもらいたい」

「札幌つなぐ横丁」は12月4日、JR札幌駅西口の高架下にオープンします。

UHB 北海道文化放送

https://www.uhb.jp/news/single.html?id=16570

※サムネイルの画像はUHBより

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます