世界最大の観光映像祭で日本の作品が2位に 訪日観光客と地域住民のギャップを表現【動画】

世界約160カ国・地域、3500本以上の出展映像の中から選ばれました。

トラベルボイスが伝えています。

世界最大の観光映像祭ネットワーク(CIFFT)が主催する第33回世界ベストツーリズム映像賞で、日本の観光映像「Seeing differently」が2位を受賞した。大阪府立大学大学院経済学研究科准教授の花村周寛氏が監督し、地域への来訪者と地域住民の間に生じる“モノの見方”のギャップをテーマにした内容。約160カ国・地域、3500本以上の出展映像の中から選ばれた。

映像は路地編、寺院編、商店街編の3シリーズ。たとえば路地編では、路上喫煙や食べ歩きをしている訪日外国人客が、街で出会った舞妓に写真撮影を迫るシーンが舞台。登場人物の心の中を想定し、相互に認識や理解の不足が存在することを示しており、どちらか一方に原因を単純化せず、双方にとって自らの視点に気づくきっかけを目指した点、分断が進みストレスに満ちたコロナ禍の中で、自らの見方の偏りに気づき、寛容な視点を持つメッセージが海外でも評価された。

これらの映像は訪日外国人客のマナーをめぐるトラブル軽減につなげるため、関西観光本部の事業受託で制作された。

なお、第33回世界ベストツーリズム映像賞は2020年12月10日、オーストリア・ウィーンで開催された。

トラベルボイス

https://www.travelvoice.jp/20201224-147742

※サムネイルの画像はトラベルボイスより

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます