東急、1月13日から新通勤バスや相乗りハイヤー運行へ サービス実験「DENTO」で新しい働き方サポート

東急線沿線の都心通勤者をターゲットに実施する新たなサービスについて、TRAICYが伝えています。

東急バス 東急トランセ

東急は、1月13日から期間限定で、新しいコンセプトの通勤バスや相乗りハイヤーの運行を含む、東急線沿線の都心通勤者をターゲットとした新たなサービス実験「DENTO」を実施する。

田園都市線郊外地区と東京都心を朝夕往復する通勤バス「Satellite Biz Liner」を1日1往復運行する。運行区間は新羽営業所・市が尾駅・たまプラーザ駅〜渋谷駅・東京駅南口間。化粧室・Wi-Fi完備で、利用料金は1,000円から。東急線の通勤定期券を持っていると100円を割り引く。運行日は2021年2月16日から4月28日まで。

渋谷区・港区・中央区から、大井町エリア、横浜市青葉区まで利用できる相乗りハイヤーを運行する。ハイヤーの乗車定員は1台あたり4名に抑える。利用料金は大井町エリアまでは1,980円、横浜市青葉区の自宅までは3,980円。2021年1月13日から4月28日までの水曜日・金曜日、午後6時から午後10時まで運行する。東急線通勤定期券所持者限定。

その他、大井町線有料座席指定サービス「Q SEAT」の事前購入や、有料でのテレワークスペースや大井町駅周辺の人気飲食店特別メニューの提供や、沿線の施設のクーポン配信を行う。東急線通勤定期券所持者限定で東急線や東急バスの乗り放題券を100円で購入できるサービスなども実施予定。

詳細はこちら

TRAICY

https://www.traicy.com/posts/20201224193233/

※サムネイルの画像はTRAICYより

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます