「1月1日は飯井(いい)駅の日」山口県がカード配布 正月3が日はおみくじ企画も

かつての「いい日旅たち」JR西日本キャンペーンのようなものがあれば、もっと注目されるかもしれませんね・・・

乗りものニュースが伝えています

Large 201224 iistation 01
▲JR山陰本線の飯井駅(画像:山口県)。

カードは2種類!

山口県が、JR山陰本線・飯井駅(萩市)の名前にちなんで、1月1日を「飯井(いい)駅の日」とし、JR西日本の協力のもとPRカードの配布を始めました。

同県は観光振興や鉄道利用促進のため、飯井(Ii)駅について「(字幅も考慮して)ローマ字表記で世界最短の駅名!?」「良い駅に通じることから縁起がいい」として、来駅証明書を配布するなどPRを重ねています。

今回は「“いい”駅!出発進幸」と「“いい”ね!飯井駅!」の名刺大カードをそれぞれ500枚作成。2021年1月11日(月・祝)までの期間内に、長門市駅を利用(きっぷ購入または乗降)した人に、長門市駅の窓口・改札で配布します。

また、1月1日(金・祝)から3日(日)の3日間は、長門市駅に「“いい”駅おみくじ」箱が設置されます(営業時間のみ)。

乗りものニュース

https://trafficnews.jp/post/103269

※サムネイルの画像は乗りものニュースより

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます