逗子を舞台に謎解き街歩き JR若手駅員の企画、好評

散歩気分で逗子めぐりを楽しめる良い企画だと思います。

神奈川新聞が伝えています。

謎解きイベントを企画した熊倉さん(左)、嶋貫さん=逗子市逗子

JR逗子駅の駅員が企画した謎解きイベント「ずしなぞ~謎の手帳と不思議なカメラ」が好評だ。若手駅員が10カ月かけて考案した逗子が舞台の物語を、まちを歩きながら謎を解き読み進める。10代から90代まで、市内外からの参加がある「想像以上の反響」で、駅員らは「屋外で『密』を避けて逗子の魅力を体感してほしい」と話す。参加無料で27日まで。

「気が付いたら逗子駅東口改札に立っていた。手に持っているのは謎の手帳と不思議なカメラ。自分がどうしてここにいるのか、全く思い出すことができない」─。謎解きはこんな一文から始まる。記憶を失った少年がある女の子に出会い、一緒に謎を解く設定だ。

同駅などで配布するチラシに記載された最初の1問を解き、謎解きキットを受け取る。逗子海岸周辺まで歩きながらまず四つの謎を解き、駅で報告して最後の謎にも正解すると、プレゼントがもらえる。逗子銀座商店街も協力し、9店舗で参加特典を受けられる。

すでに約1500人が参加し「散策が楽しい」「住民が温かい」などと評判で、企画した熊倉麻実さん(36)、嶋貫洋祐さん(35)は「逗子を好きになってもらえる企画。今年の思い出を逗子でつくって」と笑顔だ。受け付けは午前9時~午後5時(配布は午後3時まで)。

カナロコ/神奈川新聞

https://www.kanaloco.jp/news/life/article-341604.html

※サムネイルの画像はカナロコより

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます