スキー夜行列車「スノーパル23:55」今冬も運転 車両は「リバティ」 東武鉄道

東武列車のスキー夜行列車の運行について、「乗りものニュース」が伝えています。

Large 201124 snowp 01
臨時夜行列車「スノーパル23:55」に使用される東武500系電車「リバティ」(画像:東武鉄道)。

計27回運転されます!

東武鉄道は2020年11月23日(月)、臨時夜行列車「スノーパル23:55」を今冬も運転すると発表しました。車両は特急用の500系電車「リバティ」(3両)が使われます。

「スノーパル23:55」は、浅草駅(東京都台東区)を23時55分に出発し、福島県の会津高原尾瀬口駅に向かいます。列車はツアー商品専用で全席指定。スキー、スノーボードを楽しむ人向けで、会津高原尾瀬口駅からはスキー場へ向かうバスが接続します。

「スノーパル23:55」の運転日と運転時刻は次のとおりです。

●運転日
2021年1月8日(金)から3月27日(土)までの毎週金・土曜日と、1月10日(日)、2月10日(水)、2月22日(月)

●運転時刻
浅草23時55分発→北千住0時10分発→新越谷0時26分発→春日部0時42分発→会津高原尾瀬口5時23分着→6時00分発の連絡バスでたかつえスキー場(6時30分ごろ着)、だいくらスキー場(6時50分ごろ着)

福島県南会津町のたかつえスキー場のイメージ(画像:東武鉄道)。

乗車には、東武トップツアーズの旅行商品の購入が必要です。商品の購入は出発日1か月前(前売り開始は12月8日)から運転当日の17時まで、東武トップツアーズの各支店などで可能です。

なお今回は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、1人2座席利用のプランが設定されています。追加代金が1人1000円必要です。

乗りものニュース

https://trafficnews.jp/post/102169

※サムネイルの画像は乗りものニュースより

>tabimemoru.com「旅の情報」

tabimemoru.com「旅の情報」

旅の情報まとめサイト「旅メモル」 空の旅から鉄道、バスの旅から旅行会社のお得情報など思い出の一枚を作るお手伝いをさせていただきます